「働き方改革シンポジウム2017inおかやま」に登壇しました

[更新日]

徳倉です。

昨日は岡山県・中国経済産業局・岡山県中小企業団体中央会さんが主催のシンポジウムに登壇いたしました。

10/18(水)「働き方改革シンポジウム2017 inOKAYAMA」(岡山県)

「働き方改革シンポジウム2017inおかやま」に登壇しました
(写真:佐藤兼郎副知事による開会挨拶)

 

基調講演は白河桃子さん。

「御社の働き方改革、間違っていませんか?~経営戦略としての働き方改革~」という題目で、軽快かつ説得力のあるデータと様々な実例を交えてお話しくださいました。

白河さんとは様々なところでご一緒させていただくのですが、今回のような講演会のような場で一緒に登壇するのは実は初めてでしてワクワクしておりました。

「働き方改革シンポジウム2017inおかやま」に登壇しました
(写真:白河桃子さん)

どんな内容であったかを少しだけ触れますと

  • 働き方改革は暮らし方改革
  • 働き方改革は儲かるのか?
  • 働き方改革の誤解と実行計画のポイント

など本当にくわしくご説明、解説いただきました。

もっと詳細を知りたい方はこちらの著書にもたくさん掲載されています。

『御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社』(PHP新書) 

 

後半は、白河さん、(株)藤原テクノアート 藤原恵子社長、エーゼロ(株) 金城さん、中国経産局人事政策課長阿比留さんと私の5名でパネルディスカッションでした。

私以外は女性でしたので、私からは男性目線並びに、地方が人材戦略でどう生き残るのかについて、私なりにやや強めにお伝えしました(他の登壇者さんが優しい方ばかりでしたので)。

「働き方改革シンポジウム2017inおかやま」に登壇しました
(写真:登壇者の皆さまと記念撮影)

シンポジウムの時間も90分あり、しっかりお話しできたのではないかと思います。

昨日の模様は、後日冊子等にまとめられると聞いていますのでまた改めてシェアしたいと思います。

今日はこの辺で。