違う立ち位置からの景色

[更新日]

徳倉です。

昨日は11月の医師会講演打ち合わせやファザーリング・ジャパン関西理事会のため、大阪に行っておりました。

お天気は台風一過でしたが、関西の在来線はかなり時間が乱れており、新大阪から高槻に向かう電車も70分遅れの表示が出ていました。

大阪の方に伺うと、天候は晴れているので高校や大学なども休校ではない予定だったのが、公共交通機関がほとんど機能しないとのことで軒並み休校になったそうです。

 

さて、そんな中11月4日にご依頼いただいております大阪府医師会第一・第二ブロックの講演打ち合わせで大阪医科大学病院にお邪魔しました。

高槻市医師会理事でもある藤村先生とお会いして、当日の確認事項と打ち合わせと称し、2時間弱さまざまお話いたしました。

今から当日の講演が楽しみです。

 

違う立ち位置からの景色(FJK理事会の様子)

夕方からは天満橋に移動し、ファザーリング・ジャパン関西(FJK)の事務所に早めに入りちょっと仕事を行い、理事長や事務局長と確認事項や理事会では話さない細かい事例の共有などを行い、理事が集まってきたところから理事会スタート。

私自身、香川で2つの会社の経営を行いつつ、2つのNPOの理事としてこちらも経営に携わっています。

それぞれに数字目標や、ミッション等も違っていますが少しづつ違う環境にあるので、多角的にものを見るトレーニングになっていると感じます。

東京での理事会、大阪での理事会、香川での日々の意思決定と顧客やサービスが異なっていても、それぞれの立ち位置から経営者としての感覚を結果的に磨く実践の日々になっているのだと感じています。

 

一つだけに集中するのもとっても良いと思います。

あえて言うならば、いくつかの事業に関わるからこそ見えてくる世界や気づきも多いと実感する日々。

私が若いパパたちに地域活動やPTAなどに関わる事が多角的に物事を捉えるいい機会なのだと言いうのはこういうところにも関係するのかもしれません。

今日はこの辺で。