香川県男女共同参画審議会でした

[更新日]

高松市街眺望(写真:高松市外眺望)

徳倉です。

香川県庁での会議は少ない私ですが、唯一お受けしている男女共同参画審議会が昨日ありました。

第三次プランの進捗状況や28年度の評価についての会議ともあって、事務局(男女課)から「忌憚なくご発言ください」とのことでしたのでそのように発言しました。出席された一部の事務局さんに嫌な顔をされたかもしれません。

 

香川県の男女共同参画審議会は、いわゆる担当課だけではなく、子育て・労政・農水産系をはじめ、政策を担う政策部長も出席され、多岐に渡る担当課が出席されます。

ですので、うまく取り組めている所もあればいいことは言うけれど、そうでないことは言わないという傾向もあるように感じ、私の専門分野に関していくつかご指摘や、県内から上がってきている実際の声を直接お伝えしました。

 

私は担当課さんになんの意図もありませんが、出席している方からするとムッとすることもあるのでしょう(実際に私が質問しても答えられないケースもありました)。

ただそれをどう受け止めて政策や日々の対応に充てるのかを考えていただくために我々委員がいると思っているの、で礼儀はわきまえながらしっかりと意見をいたします。

自社の事業や、私の仕事についてもそれは同じで、色々な意見をいただくことをどう糧(かて)として見直し、省みるきっかけにできるかどうかがポイントだろうと逆の立場に置き換えながら気づく時間となりました。

今日はこの辺で。