富山県医学会イクボスセミナー「医師も辞めない病院にする方法」に登壇しました

[更新日]

富山医学会イクボスセミナー ~医師も辞めない病院にする方法~に登壇しました

徳倉です。

1月28日に第72回富山県医学会にお招きいただき、イクボスセミナーとして「~医師も辞めない病院にする方法~」と題して60分の講演を行いました。

富山県医学会ですので、参加者は医師・病院経営者・管理者、医療従事者が一同に会する大きな会でです。

私の会場は大ホールのメイン会場、様々な症例発表などを差し置いてのメイン講座としての位置づけで実施してくださり、参加者も記録的な大雪にも関わらずほぼ満員。

 

実感としてこれまで医師の働き方セミナーや講演は女性医師が大半でした。

しかし昨今は、院長先生や大学教授などの管理者、また事務長などの総務系トップの方が多数来られるようになっており、今回も富山医師会会長、副会長、理事など錚々たる方々が真剣に聞いて下さり、質疑の時間においても院長先生が自ら手を挙げて積極的にご質問くださるのが大変印象的でした。

 

そもそも富山県は全国的にも共働き率が高く、働き方も柔軟かなと思いきや、昔ながらの管理職も業界問わずいらっしゃるとのこと。

なぜ働き方を変えないといけないのか?
実際の医師や医療従事者の働き方でどこがポイントになるのか?

など色々とお話する間にあっという間に60分が経過していました。

そして、やはりここでも私の修士論文について軽く触れる程度でしたがお話しますと、大変興味を持っていただいたのが印象的でした。

富山医学会イクボスセミナー ~医師も辞めない病院にする方法~に登壇しました(富山県医師会 馬瀬会長始め副会長や理事の皆様と)

今回は日本産婦人科学会男女共同参画委員を務め、富山県医師会理事でもある種部恭子先生のご推薦でお招きいただき、講演後も様々な先生とディスカッション行いながらやはりこの取り組みは大切であると沸々と燃えるものを感じました。

冬の雪景色富山県大変美しく、医師の皆様は熱くといった様子で大変充実した富山出張でした。

今日はこの辺で。

富山医学会イクボスセミナー ~医師も辞めない病院にする方法~に登壇しました