神奈川県主催「医療従事者の勤務環境改善のための研修会」に登壇しました

[更新日]

神奈川県主催「医療従事者の勤務環境改善のための研修会」

徳倉です。

神奈川県庁さんからご依頼いただきまして、県庁内に設置される県の医療勤務環境改善支援センター事業の一つとして今回の研修会が開催されました。

そこでのメイン講演として「医師も辞めない病院にする方法」と題してお話して参りました。

神奈川県主催「医療従事者の勤務環境改善のための研修会」

事前の申し込みであっという間に100名を超えたそうで、神奈川県内の各種病院の経営者や管理者の皆さんが来られる中での開催。

内容としては、現在の医師の労働環境、男女の活動率の差、病院としての機能を維持するために医療従事者の確保に何が必要なのかをワークライフバランスやイクボスの視点、他業種(専門職)での事例などをお話しをしました。

後半は私が研究している女性医師の就労継続要因についての分析結果などの話を中心に展開。

 

終了後はいくつかの病院の先生や人事・総務部門の責任者の皆さんが順番に来て下さり、それぞれ事情を踏まえながら個別にお話するほどの熱気でした。

神奈川も広いので地域性も出ますし、人の奪い合いの様子がしっかり見て取れました。

働き方を基軸に病院マネジメントも本腰をいれなければならない時代が本格的に到来したように感じます。

今日はこの辺で。