仕組みを作る時に時間をかける

[更新日]

仕組みを作る時に時間をかける

徳倉です。

メインのお仕事以外でPTAの活動や色々なところから依頼を受けてマネジメント的な役割を担うことも出てきているのですが、物事を進める「前」の段階でかなり時間と知恵を使うように心がけています。

 

ありがちなのは、本業ではないのでまるっきり“前年度の踏襲スタイル”であったり、その場に近い感覚でそれなりの流れを作って進めて行くということもできなくないのですが、結果的にそちらの方が後々トラブルや支障が出てきて時間も労力もかなり取られてしまうということがあります。

 

だからこそ

  • ゴールは何でそもそもそのゴールは今の時代にあっているのか?
  • 誰のために何のために実施するのか?

など、その活動を行う上での根本的な点を少し考え、そこに時間をかけて仕組みを作ることで、無駄や無理が起きにくい環境の構築がマネジメントする上でも大事になってくると思います。

 

そういう点では仕事以外でPTAやボランティアに参加することで見えてくる課題そのものが、自分のメインの仕事の改善や気づきに至る点も多いと私は感じています。

今日はこの辺で。