様々な役割を持つ

[更新日]

様々な役割を持つ

徳倉です。

昨日は大阪にてファザーリング・ジャパン関西の理事会に参加。

2時間弱、理事同士で総会に向けた確認事項やH29年度の決算状況や来年度の予測などについて話合っていました。

 

内容については触れられませんが、理事でも代表理事や事務局長(理事兼務)のように本業として関わってくださる方と、私のように少し遠方にいて関わる理事や、大阪の近くで普段から接する機会も多いながらも常勤ではない方など、様々な観点から意見や指摘が出てきます。

私はそれがとても健全で良いと感じますが、外からの目線だけでなく、中の人の目線を外部の人が持つことも同じくらい大切に思っています。

 

私自身もNPOで事務局長として3年間働いていた経験から、内部の改善提案を含めた視点をどう理事会で提供できるかに力を注いでいます。

私が考えるNPO経営の難しい所は、理事長だけで決められる範疇が株式会社などと比べると圧倒的に狭い(少ない)ことが挙げられます(もちろん他にメリットも当然あります。)

だからこそミッションやビジョンを強く明らかにしつつ、目的に対してまっすぐに取り組んでいく姿勢が見えるNPOにしっかり光が当たっている世の中になっているとも感じるのです。

 

NPOの理事だけではありませんが、その個人個人が様々な役割を持つ人の集まりが今後もっと社会的に必要とされる組織になる確率が高くなるのだろうと感じた有意義な理事会でありました。

ファザーリング・ジャパン関西も面白いことをやってますのでぜひHPのぞいてみてください。

様々な役割を持つ 様々な役割を持つ

今日はこの辺で。