三度の育休で鍛えられたコミュニケーション力

[更新日]

お仕事をしている中で、取引先やパートナーの方から「徳倉さんはコミュニケーション力が高いですね」と言われることがあります。

これは講演でもよくお話しているのですが、コミュ力というものは子育て(とくに新生児~1歳)をすると、自然に身についてくるものではないでしょうか?私は自らの子育ての経験からそのように実感しています。

男性と女性の違いでコミュ力の違いがあるとも言われますが、子育てが終わっている女性で「コミュ力が半端なく高いなあ」と感じる方がいらっしゃいます。

これは女性だからではなく、子育てを通じて元々あった能力が鍛えられたのではないかと、私は密かに思っております。
 
 
ではなぜ、子育てをするとコミュ力が上がるのか?

それはズバリ!「会話が成立しないから」です。

赤ちゃんの時期はおもに泣き声や表情で気持ちをくみ取らねばなりません。とくに男性は「察する事」がニガテな生き物ですから、最初は泣いている理由がわかりません。

しかし、毎日接していると「お腹がすいた」「眠たい」「オムツ交換だよ」などと泣き声や表情で違いがわかる男に成長していきます。

これがわかるようになればもう大丈夫。気が付いたらあなたのコミュ力は見違えるほど鍛えられていることでしょう。

ちなみに私は三度の育休でしっかり鍛え上げられております。