バレンタインデーとリア充

[更新日]

近藤です。

今週はバレンタインデーがありましたね。

さて、小学校高学年の女子にとって「2月14日」というのはなかなか気合のいる日のようです。

我が娘は今年のバレンタインデーをすっかり忘れていました。

前日に「明日はチョコレートを学校に持ってこないこと」と言われ、はじめて気が付く始末。ぼんやり暮れていった2月13日でした。

 

しかし恐るべしバレンタイン。

学校が終わると女子が代わる代わる玄関へやってきて「チョコレート持ってきたよ」というではありませんか。

お稽古事にも「はい、チョコレート」と持ってきます。

女子同士のチョコ交換は当たり前なのですね。しかもみんな凝った手作り。

お母さんも手伝いで大忙しだったという話もちらほら。

 

娘がチョコだらけの机を見ながら一言いいました。

「○○ちゃんと○○ちゃんはリア充やけん、本命彼氏にチョコあげるんよ。私はおらんけど。」
「△△くんはお返しがよさそうなけん人気なんよ。」

 

なんと。小学生のリア充ってなんなんでしょう。

彼氏がいることがリア充?

お返しのよさそうな男子は自分の人気を誤解しないんでしょうか。

興味深いので、またじっくり聞いてみたいものです。

 

とりあえずこの週末、娘は遅ればせながらブラウニーを焼くそうです。

言葉を調べたところ、彼氏がいなくても娘の毎日は十分リア充だと思いますけどね。

では、また。