Family

[更新日]

Family

近藤です。

金魚がちっとも動かず藻の中に埋もれている日は寒いんです。

そんな日が続いている山の我が家。雪の便りも近いかな。

 

息子が朝からCDをかけていろんな曲を聴いています。今は『Glee』のサントラ盤。

数年前に親子で夢中になったのが『Glee』というアメリカのTV番組です。

 

第6シーズンだったと思うのですが、同性愛の女性が結婚を決めた時、敬虔なクリスチャンのおばあちゃんが自分の孫が同成婚をするなんて認めない。

結婚式には出ない。と言った時、グリークラブのメンバーたちが「家族は血の繋がりだけじゃない。私たちは家族だよ」と歌います。私にはその意味がとてもよく分かります。

 

私の周りには「血は繋がっていないし、普段はめったに会わないけれど、何かの時には電話ひとつですぐ駆けつけるよ」と思っている友人たちがいます。それは外国でも日本の中でも変わらずに。

日本で家族という時、どこまでの関係をいうのでしょうか。

 

先日、アメリカ人の友人と「家族」ってなんだろう、という話をしました。

一緒に住んでいる人?血の繋がりがある人?三親等までの人?いろいろあると思うのですが、日本では昔より家族の定義が広くあいまいになっている気がします。

 

アメリカ人の彼女は「自分が思う範囲までが家族や親せき。」ときっぱり言いました。

住む場所もばらばらだし、離婚や再婚、養子縁組や同成婚、いろんな形で家族が増えていくから線引きができないからね、と。

 

私が思う家族は「頻繁に一緒にご飯を食べる(食べたことがある)人の集まり」。

大事な家族だと思っている人はどの人もかなりの回数一緒にご飯を食べています。

中でも頻繁に週末の夕食を共にした仲間は特別です。

みんないろんな国や地域に散らばっていて、同じメンバーがそろって食卓を囲むことはたぶん、二度とないけれど大事な家族です。

では、また。