四国の片隅で愛を叫ぶ

[更新日]

四国の片隅で愛を叫ぶ

近藤です。

金曜日に家業である株式会社タイワの創立30周年記念式典・懇親会が執り行われました。

弊社の社員も夫も今週はみんな大忙し。

大変でしたが、みんなで大きなことに挑戦したことによってそれぞれが何かを得たのではないかと思っています。

 

私は結婚してからの入社なので、弊社の歴史の半分程しか知らないのですが、スタートからいきなり倒産の危機。

楽しい結婚生活が続くと思っていた矢先でしたので、青天の霹靂ってこういう事をいうのね、とぼんやり思ったのでした。

 

そんな中で家業を継ぎ、これ以下はないからがんばろね、と言った事もありました。

しかし、おかげで一緒に生きるバディとしての相性もお互いの性格もよく分かりました。

結婚も会社経営もいいことだけしかない、なんてこと、ありませんよね。

いつかこんな事が全部おもしろ話になれば仕事に生きるかも、なんて思っていたらありがたいことに仕事に役立っています。

 

まじめでいい加減な事は言わない夫。野生の勘で生きている私。

彼が大丈夫と言えば側から見て最悪な時でも絶対大丈夫。

私も理由はうまく言えないけど大丈夫だと感じた時は絶対大丈夫。

こんなふたりだったのでどん底でも明るくいられたんだと思います。

 

今はお世話になった全ての人に愛を叫びたい。

だけどそれ以上に夫に愛を絶叫したい私なのでした。

では、また。