「豊かに暮らす」を考える

[更新日]

新メンバーの小瀧です。

初回なので、はじめましての自己紹介。スキマ時間にでもお付き合いくださいね。

 

ちょっと、いや、結構さかのぼって私の父が転勤族だった頃。

長男である責任感から地元の香川県に勤務地希望を出したがゆえに高松市で生まれ育った娘の私は、国内外の異文化を肌で感じることもなく、「外国でも呼ばれやすいように」つけられた“エリ”という名前が本領を発揮することもなく、瀬戸内の穏やかな海しか知らないままにのんびりと18年を過ごしました。

 

そして憧れだけで東京へ。

お気楽大学生だったり、しがないOLだったり、リーマンショック後に「手に職ほしい!」と意識ある学生になったり、震災後に「どうせやるなら好きな仕事を!」とがむしゃらに仕事をしていたら、すっかりトーキョーという街になじんでいました。

人工的な東京湾も「ダイナミックでかっこいいなー」と思えるほどに。

 

たまたまUターンすることになったのは2017年7月のこと。まもなく1年が経とうとしています。

東京での挨拶行脚の時にたずねられた「東京の生活に未練はないの?」、高松でたずねられる「どうして帰ってきたの?」という問いへの答えは「もっと豊かに暮らしたいから」。

漠然とそんなことを言っていたけれど、自分の考える豊かな暮らしってなんだろう?

この1年で感じてきたことも振り返りながらこれから綴っていこうと思います。

 

 

最近の気になることは、うどん屋さんのお蕎麦。

うどん県なので、どこのうどん屋さんもおいしくて安くて早くてめっっちゃ満足度高いのですが、香川のうどん屋さんにはお蕎麦を扱うお店も多いことはご存知でしたか?

うどん並みに太い独自の麺だったり、いわゆる日本蕎麦だったり、お店によって異なるので出てくるまでわからないところもお楽しみ。

 

この1年、季節ごとにチェックしたいご当地メニューや地元食材が次々に現れてくるので、現在ワタシ史上最高ウェイトでどうしようすぎる……というのが気にしないようにしているけど気になる今の悩みです。

それではまた。よい週末を。