力を借りて自立するおもしろさ

[更新日]

黒田です。

チームファミーリエの合宿で高松に行ってきました。

集まったメンバーはみんなとても魅力的で、それぞれに強みを持ち寄り合えたらものすごく楽しいことができそう。そんなワクワクが止まらない2日間でした。

力を借りて自立するおもしろさ

 

みんなとお別れしてひとりになったとき、あらためてチームに自分がいる意味を考えました。

私はすっかり「人あたり」してしまったのです。

あまりに他のみんながすごすぎて、すこし委縮してしまったのでした。

 

私なんか何かできるだろう。

なぜ私がチームに入れられたのだろう。

これからどうしていけばいいのだろう。

 

初めて会ったばかりのメンバーのこともよく分からないから勝手にすごくしちゃうし、対等でありたいと思うがゆえに自分の至らない部分に目がいってしまう。

よく分からないぼんやりとしたものが自分の中の不安につながる気がします。

でも一晩ぐっすり寝ておいしいうどんを食べたら少し気が楽になりました。

 

搭乗前にひとり高松の街を散策しながら、帰ってこられる街がまたひとつ増えたことにうれしくなりました。

みんなと私、それぞれに魅力があって、それぞれに苦手もあって、でもそこをフォローしあうことできっと今までにないような新しいものを生み出せるに違いない。

私がみんなに「○○ができないから助けて」と言えたらもっと加速していくんだろうな。

いろんな人の力を借りることが、結局それぞれの自立につながっている。

いま私ができることは自分が与えられた役割を真摯に対応して、その他にもいろんな経験値を積み重ねていくこと。

 

こうしてブログを書いている今も、自分の役割を果たせている実感につながっています。

このブログを読んでくださっている方々にもたくさんの力を借りているんだなーと、心がポカポカの日曜日です。

素敵な一週間になりますように。