一年の計は自分自身にあり

[更新日]

一年の計は自分自身にあり

 

黒田です。

年賀状を52円で出せるのは今日投函分までですね。

お正月気分もそろそろ抜けた頃でしょうか。

 

わが家の年末年始は特に帰省もなく、家族3人自宅でのんびり過ごしておりました。

新居で迎える初めてのお正月。

初詣はどこに行こうかと考えましたが、同じ町内の高台にある小さな神社にお参りに行きました。

 

場所は確認していたものの境内に入ったのは初めて。

その高台から見える景色にわが家のマンションもぽつんとあり、あぁこうしていつも上から見守ってくれているのだな、と感じ感謝を伝えてきました。

おみくじもあったので家族みんなでひいてみます。

私に出たのはなんと「凶」。

いつもポジティブな私もさすがにちょっと落ち込んだのですが、最近いろんな事が予想以上にうまくいってたこともあり、ここらで油断せずに気を引き締めなさいというありがたいお言葉と受けとることにしました。

 

前回のブログで昨年の私的一文字は『受』とお伝えしましたよね。

実は今年の一文字は、受け取ったものをどんどん外に出していこう、いろんなところに飛び出していこうという考えから『出』に決めていました。

ただ、凶のおみくじには「何事も控えめにして心静かに身を守り信心怠りなくばかえって後は大の幸福あり」とのこと。

なので視点を切り替えて、自分からあまり出しゃばることなく、周りのみんなに出てきてもらって力をお借りしよう、と思ってます。

 

どんな結果にも真摯に向き合うことを忘れなければ、きっと今年も楽しく笑い多きに日々になると信じて。

素敵な一週間になりますように。