まずはやってみる

[更新日]

黒田です。

年始にあるセミナーに参加しました。

そこで今年一年のうちに挑戦したいことをいくつか掲げたのですが、その中のひとつが「部屋に花を飾る」でした。

恥ずかしながら、この年になるまで誰かのために花を買うことはあっても、自分のために花を買うことは皆無に等しかったのです。

 

昨年、一昨年と連続で引越をしたこともあり、友人から花をもらう機会が多くありました。

帰宅して家の中に飾ると、視界の中に花があるだけで何とも心が優しくなる気がしました。

ささくれだった気持ちもじんわりと潤っていくような。

だんだんしおれたり枯れたりしていく姿もまた愛おしい。

 

つい日々の買い物は、食べ物や生活雑貨など目先の必要なものが中心になり、花を買うということを忘れてしまうのですが、今年になってからは街中の花売り場を頭に入れて、機会があれば立ち寄るようにしています。

先日、中学校の通学路を確認しながら歩いた際も、途中に大きな花屋さんを見つけ、夫と一緒に中をのぞいて、小さめの観葉植物とガーベラを一輪買いました。

お店の人も一輪だからとぞんざいに扱うようなことはせず、丁寧に包装して渡してくれて、それだけでなんだかうれしくなったのを思い出します。まずはやってみる

それまでは贈り物でない、自分のためにお花を買うことになんとなく抵抗があったのですが、いざやってみるとまったく大したことではありませんでした。

いくつになっても思い込みはある。けど、あっさりその思い込みは崩れ去るものです。

 

まずはやってみよう。

いまこの瞬間も、昨日買った桃の花が、週末のわが家を明るくしてくれています。

素敵な一週間になりますように。