「あり方」に自覚的になる

[更新日]

「あり方」に自覚的になる

黒田です。

この一週間はいろんな再会が盛りだくさんな日々でした。

大阪の元同僚、兵庫や福岡の友人、経営者の戦友、税理士の先輩母などなど。

 

ここ最近はひたすら屋内で数字とにらめっこの日々だったので、社会復帰するためのリハビリ週間だったのかもしれません。

とにかく聴いて話して笑って食べて飲んでの充実した時間でした。

先週書いたブログにも通じますが、今の私には依存先がたくさんあることを実感できた時間でもあります。

自立してる人は支え合うのも自然

 

再会を実現するためには、どちらかが「会いたい」と相手に連絡するのが必要なのですよね。

貴重な時間を使って会いたいと思ってもらえること、もしくは私の会いませんかという提案に応じてくれること、どちらにしても本当にありがたくうれしい限りです。

 

今週参加したイベントで出会った印象的なフレーズに

本当の議題解決に必要なのは【あり方・存在】である」というものがありました。

また先日、子育てをほぼ終えられた先輩父に思春期子育てのコツを聴いたところ「大切なのは黒田さんの【あり方】ですよ」と助言いただきました。

 

今週会った友人たちは、それこそあり方がとても素敵であり、私がただそこにいることをそのまま受け止めてくれる大切な存在です。

いろんなスキルやハウツーはお金を出して得られるかもしれないけれど、自分のあり方を見つめなおせるのは、私が大切にしたい関係の人たちと会って話す時間だけかもしれない。

 

いざというとき衝動的に手を差し伸べられるのか。

そんな無自覚な【あり方】に自覚的でいたい。

 

そんなことを考えさせられるGWの幕開けです。

素敵な一週間になりますように。