才と徳

[更新日]

才と徳

黒田です。

先日、友人のお誕生日ランチに参加してきました。

参加者の中には経営者の方も多く、普段あまり聞けないようなお話を聴くことができたのですが、その中でいちばん心に残った言葉が「才と徳」です。

 

goo国語辞書によると以下のように書かれています。

「才」とは

  • 生まれつきもっている知能の働き。才能。才知。才気。
  • 学問。学。才識。ざえ。

「徳」とは

  • 精神の修養によってその身に得たすぐれた品性。人徳。
  • めぐみ。恩恵。神仏などの加護

 

ランチの会話の中で、

「才のある人はたくさんいるけど、徳も備えている人はそんなに多くない。でも一緒に働くなら徳のある人がいい。」

という、ある経営者の方の言葉が。

 

私はこう解釈しました。

「仕事ができる人はたくさんいるけど、人徳も備わっている人はそんなに多くない。どっちかだけはダメだけど、できれば人徳の高い人と働きたいよね。」

なるほど。

 

うーん、才はある程度時間をかけたり集中すれば得られそうだけど、徳は具体的にどうしたら積めるのかな、と悩ましい気がします。

そもそも私はきちんと徳を積めているのかしら。

でもきっと私に徳があるかどうかは、自分ではなく周りの人が判断するものなのかもしれません。私にできることは、目の前の相手に、事柄に、真摯に向き合って懸命に対応することだけ。

 

誰かに何かあったとき、私を思い浮かべてくれて、すぐに連絡してくれるようでありたい。それも徳があるということなのかなと考えるのでした。

弊社代表(徳倉)は、すでになんかズルいと思うのは私だけでしょうか。。。

素敵な一週間になりますように。