「楽しい」を一緒に

[更新日]

大美です。

大型連休も終わり、今日からお仕事再開の方も多いのでは??

あいにくの雨模様で、少し憂鬱な気持ちですね。

SNSで、家族でキャンプに行ったり、帰省をしたりしてる友人知人の投稿をいっぱい目にしました。

 

我が家はというと…。

日中は息子も部活だったり、私も打ち合わせがあったりで、一緒にいる時間が少なくなってきましたが、夜は一緒に映画に行ったり、息子のテニスの試合を見に行ったりと、なかなかな家族ウィークを過ごしておりました。

最終日の昨日は、ちょっぴり足をのばして岡山まで。

 

唐突ですが、みなさん駄菓子はお好きですか??

私くらいの世代だと、幼い頃に小銭を握り締めて近くの駄菓子やさんに買い物に行ったという人も、そこそこいると思います。

 

「楽しい」を一緒に

岡山県瀬戸内市に「日本一の駄菓子屋さん」というお店があり、そこに行ってきました。

普通の広ーい倉庫の中に、駄菓子が所狭しと並んでいます。

10円のお菓子ばかりを集めたコーナーから、箱買い専用の棚までズラリ。

連休最終日ということもあって、混雑はしていましたが、かなりテンションあげあげ↑↑になりました。

「楽しい」を一緒に

なんなんでしょうか、あの魔力!

10円とか20円とか、指折り数えながら買い物をしていく楽しさ。後から見れば、どーしても欲しかったお菓子ばかりではないのですが、ついつい手元のカゴに吸い込まれていきます。

気が付けば、駄菓子屋とは思えないレベルの可愛くないお会計金額に!

まぁでもたまにのことなので、ヨシとします。

 

思春期ど真ん中に差し掛かった息子も、さすがに楽しかったようで、いつもに増して饒舌に。そんな彼を見ながら、「まだまだ可愛いもんよのう…。」とニヤリ。

映画にしてもテニスにしても駄菓子にしても、家族と「楽しい」気持ちが共有できるって嬉しいもんですね。

 

私が息子に付き合っているのか、息子が私に付き合ってくれているのか分からなくなる時もありますが、こういう時間の積み重ねを大切にしたいなと思った連休最終日でした。