[ご報告]「マイナンバーに関する子育てワンストップ検討タスクフォース」メンバーになりました

[更新日]

[ご報告]「マイナンバーに関する子育てワンストップ検討タスクフォース」メンバーになりました

徳倉です。

昨日は久しぶりに遭遇する東京の本降りな雨の中。

内閣官房へ呼ばれまして、「マイナンバーに関する子育てワンストップ検討タスクフォース」に出席して来ました。

内容は現時点で非公開(後程しっかり開示されます)ですので中身に触れることはしませんが、参考までに会議前日13日の読売新聞記事「子育て申請、電子窓口一本化…マイナンバー活用」に少し掲載されている部分を一部引用します。


政府は、児童手当や公費負担の予防接種、保育所への入所、一人親支援など、現在は別々に受け付けている子育てに関する手続きを、マイナンバー(共通番号)制度を活用した電子窓口に一本化する方針を固めた。 関係書類の郵送が不要になるなど手続きが簡素化できるほか、行政コストの削減も期待される。政府は来年7月以降、準備が整った自治体からスタートさせたい考えだ。

【参照】子育て申請、電子窓口一本化…マイナンバー活用(2016.3.13 読売新聞)

 

次代の次代を担う(*)子どもを育てている私としても、上手に活用してコストを下げながら利便性を上げ、これまで手の届かなかった部分のセーフティネットを構築できるように取り組みたいと思います
(*)わかりにくいかもしれませんが、私たち30代半ばが次代でその子どもたちがさらに次代をさします

 

それにしても昨日は会議でかなりたくさん発言をしました。

発言することによって社会が良い方向に変わる可能性があるのであれば、いただいた機会を存分に生かし笑顔の多い家族や社会を作る一助になれればといつも思っているのです。

続きはまたくわしいお話ができるタイミングで。

今日はこの辺で。


タグ: