休息が良い結果をもたらす

[更新日]

徳倉です。

一週間のスタート月曜日。
今週は「文化の日(11/3)」もあり、師走前にちょっと一息という方も多いのではないでしょうか?

日本シリーズも終わり、スポーツの話題もウインターにが強くなり始めましたが、日本一に輝いた日本ハムについて興味深い記事がありました。

休息が良い結果をもたらす

【参照】2年連続日本一に輝いた吉井理人投手コーチから学ぶべきこと(Yahoo!ニュース)

吉井コーチは私の応援するヤクルトスワローズに在籍もしており、優勝も経験している事から大好きなピッチャーの一人です。

それはさておき、この記事には中継ぎ投手の休息について書かれています。

各チームの中継ぎ投手の起用法なのですが、「日本式」はいつでも常に準備させる方式で、「米国式」はタイミングをよく図って必要な時に準備する。

吉井コーチは大リーグでも投手経験がありますし、その辺を理解してコーチを行っていると思われます。

 

これぞ管理職が正しい休息と起用法を用いるだけで、チームパフォーマンスが上がる好例ではないでしょうか?

慢性的な長時間労働環境な職場は気が付いたら、業界の底辺にいるなんてことが今後はあるのでは?と思う先行事例でした。

今日はこの辺で。