封書を送付し、FAXして下さいと書かれていて、電話で催促いただく組織がある国、それが日本。

[更新日]

封書を送付し、FAXして下さいと書かれていて、電話で催促いただく組織がある国、それが日本。

徳倉です。

2018年夏、猛暑であります。

できるだけ作業に近い業務は簡素化して、涼やかに過ごしたいと思うのは私だけではないはずです。

 

さて、世の中には同じ結果をもたらすことでもその手法はいくつかあります。

たとえば、会議やシンポジウムなどに登壇依頼が来た場合に、その可否や日時の選択を先方からお問合せいただいてお返事する場合など。

その場合、さまざまな方法でご連絡いただきますが、私が一番不可解なのは封書で会社にご依頼文と返信表FAX同封のタイプです。

まだ返信用封筒と用紙であればわかるのに、FAX送信表が入っている。。。。(弊社はあえてFAXは置いていません)

 

そして、FAXが期日までに送られてこないと今度はお電話を頂戴して、「送って下さい」と丁寧にお伝えいただきます。

その場合「私は参加します」と表明しても「送ってください」とのこと。

この違和感をどう表現すればよいのでしょうか。

 

平成が間もなく終わりを告げ、新しい年号に変わろうとする中で、私はまだまだではありますが、無駄な作業を双方に省き、より良い生活をするために仕事をしようと考えて行動しようと心がけています。

自分の組織が相手の時間をどう使わせているのか、その方法が本当にベストなのかを常に意識して仕事をしたいと思います。

今日はこの辺で。