東京雑感

[更新日]

東京雑感

徳倉です。

昨日は、ここ2か月ほど出張を抑えていたこともあって久しぶりの東京でした。

企業研修と各種お会いする必要がある打ち合わせなどでの2日間の滞在。

普段は文京区や千代田区、港区周辺で宿泊するのですが、今回は豊島区池袋。

池袋では宿泊することがこれまでなかったので、ちょっと「おのぼりさん」気分です。

 

街としては若い層がたくさんいるエリアなので、夏休み最終週の方も多い雰囲気でごったがえしていました。

今日はそうでもありませんが昨日は酷暑だったため、革靴に長ズボンで長時間歩くことになるので予想以上に足が疲れました。

 

さて、4年ちょっと前まで当たり前にしていた通勤電車や革靴で長時間歩くことも、今ではずいぶんと不慣れになっている自分に気づきました。

そんなことを考えながら、昨日は何度も山手線に乗って目的地まで移動したため移動時間が気になりました。

ちなみに私の住む高松市は「コンパクトシティ」と謳っており、ほんの少しの移動時間で次の打ち合わせなどに行くことが比較的容易です。

もちろん香川県内での移動であればそれなりに時間はかかりますが、それでも1時間でなんとかなるケースが多いです。

しかし都内はどうかといいますと、同じ駅の同じエリアであればそれは叶いますが、池袋から渋谷へとか大手町から上野へといったちょっとした移動の範疇でも、出発地から目的地までに30分以上かかるのが普通です。

メーカー営業マン時代には先輩に、「(都内では)近くても1時間、遠くても1時間かかるのが東京だ。」と言われたことが印象的でしたが、まさにそんなイメージです。

 

電車や地下鉄も便利で人が集まりやすい地域ではありますが、個人の時間の考え方からみるとやはりもっとテレワーク的な働き方が進んでいく時代になりそうだと感じたのであります。

今日はこの辺で。