第3期創造都市推進懇談会(U40)最後の会議

[更新日]

徳倉です。

昨夜は私が会長を務める、高松市創造都市推進懇談会・通称U40第三期で行う最後の全体会議でした。

事業としては今週末のお仕事PJ発表会や来年の事業報告会と残っていますが、公で全員で集まるのはこれが最後となりました(U40に関するこれまでの記事一覧)。

 

 

会議内容はさておき、この3期の委員打診を受けたのが2年前の春。

高松市に移住して2年目が終わろうとしている時でした。

当時なにかと忙しくなってきているときで、公の委員会等の就任依頼はお断りしていた時期でもありますが、40歳以下のメンバーで構成されている場であればとお受けしたのが懐かしく感じます。

高松市創造都市推進懇談会(U40)3期がスタート

 

民間の委員と市役所の若手メンバー総勢で30名を超えるメンバーとともに、「創造都市高松」とは何なのかと模索しながら知恵と意見を出し合いました。

1年目の最後には市に対して予算書も提出しながら、2年目に事業として4つのプロジェクト(仕事・工芸・パラ陸・情報発信)を実施しました。

高松市創造都市推進懇談会(U40)にて公開市長プレゼン

 

どの事業についてもメンバーの漏れや抜けも無く、大変忙しい中に協力し合いながらそれぞれの事業がメディアはもちろん、関係各所や全国にまで活動が知れ渡る機会にもなり取り組ませていただいて本当に良かったです。

 

来年からは4期がスタートすることになり、私も引き続き関わる予定でおります。

 

次の期は継続できる仕組みをどう構築するのかに焦点を当てながら活動できればと思っています。

参加頂いたメンバーはもちろん、メンバー家族や、大西市長をはじめとした関係者の皆様本当にありがとうございました。

(写真:第三期で卒業するメンバーと記念撮影)

今日はこの辺で。

 


タグ: