経験あれば判断のはやさはさらに意味を増す

[更新日]

経験あれば判断のはやさはさらに意味を増す

徳倉です。

年の瀬を迎え、なんだか気忙しく感じる方も多いのではないでしょうか?

はやさを求めがちな日常において、はやいだけでは間違いを誘引したり、慌てることによりミスしてしまう場合もあります。

 

最近とくに思うのが、「動き」としてのはやさよりも「判断」のはやさを重視しているなということです。

車で例えると、一般道で走れるスピードは限られ、信号や歩行者もあるため思うほどはやくないケースもあります。

しかし意思決定においては10分はやく出る。

車でなく電車に切り替えるなどと、判断をはやめることで選択肢が増えるケースが多いのではないでしょうか?

 

危機管理や防災、減災でも同じだと私は考えますが、経験があればこその判断のはやさと経験がないならないで、先人や専門家から学び擬似的な経験を積むことが判断のはやさを生むのではないでしょうか?

来年も判断をはやめる心づもりで臨みます。

今年はこの辺で!