たかまつ応援隊移住リーダーとして高松市移住者交流会を開催

[更新日]

徳倉です。

高松市から任命頂いている「たかまつ応援隊移住リーダー」として1月26日土曜日に高松市内で移住者交流会を開催しました。

今回はすでに高松市に移住して来られた方を対象に実際に移住してきて困っていることや、自治体職員に聞きにくいこと(聞いても伝えてもらえないジャンルのこと)などを中心に、2つのグループに分かれでディスカッションしました。

たとえばですが、市役所に行って「〇〇科の良い病院教えてくれませんか?」と尋ねた場合、市役所としては病院一覧の紙を提示して「市内の病院はこちらになります」としか案内できません。(良いとか悪いとか一切言えない立場です。)

今回実際にあったご相談では、「子どもに優しい耳鼻科とかありますか?」のようなご質問などもあり、そのような質問については民間人で構成されている移住応援隊の個人的意見ですが、

「私はここに通っています」
「その地域であれば、ママ友はここが良いと言っていました」

など当事者の立場になって口コミ的に情報を提供することを行っています。

 

このような個別具体的なこともあれば、もっと大きな話ももちろんあるのですが、この移住応援隊の役割というのは新しく高松市に来られた皆さんが市のことを少しでも早く知ってもらい、より暮らしやすく住みやすい環境を得て頂きたいと担当者の一員として強く感じています。

今日はこの辺で。