えいやっとコーヒー

[更新日]

近藤です。

私がコーヒー好きだと知ってくださっている方がたくさんいて、本当にうれしいことです。

中でも「みんなのコーヒー」という店のコーヒーが好きだと知っている方も多く、「行ったことあります」なんて言われるとこれもまたうれしい限り。

 

少し前の朝早くは名古屋発祥のコーヒーチェーンが7時から空いていたのでありがたいな、と入りました。

雑誌を読んだり一人会議をしたり。ゆっくりおいしくコーヒーを楽しみました。

 

また、先日は仕事を終えてちょっと一息入れましょう、という段になって

「近藤さんをどうしても連れて行きたいコーヒーのお店があるんです」

と言っていただいて訪れたお店でもおいしくいただきました。

 

お邪魔したいろんな場所で「近藤さんはコーヒーがお好きだと聞いています」と言われると嬉しいけれど、催促しているようでなんだか申し訳なく、実は紅茶も緑茶も好きなんですよ、と言いにくいなあ、なんて思うこともあります。

今週は普段よりたくさんの人と会う機会があり、また初めて訪れるところも多く、目まぐるしい一週間でした。思い起こすとその全ての場面でコーヒーをいただいていたということに気が付きました。

(こんなことはめったにありません。ブログの効果でしょうか。)

 

私はいつでもどこでもコーヒーがおいしいというありがたい性分です。

(ただ、コーヒーでお腹を壊してしまうことがあるのがつらいところです)

そして、家で自分が入れるコーヒーはやっぱりおいしいと思っています。

(豆はもちろん「みんなのコーヒー」で買っています)

 

これからの季節、明け方の冷たい風の中、ひとり庭で飲むコーヒーは私に「えいやっ」と思わせる大事なものです。

なにに「えいやっ」となのかは説明できないんですけど、それは朝ごはんの支度とか新しい仕事に向かう気合とかがないまぜになったものなのです。

では、また。