あなたをもっと知りたくて

[更新日]

あなたをもっと知りたくて

近藤です。

シクラメンがクタッとしてきた山の我が家。

気温が上がってきた合図です。

 

今週は楽団で演奏する新しい曲が渡されました。

ドボルザークの弦楽セレナーデ。

好きすぎます。

これを指揮できるって嬉しいことです。

 

私は曲が決まると作曲家の生きた時代や作った時の暮らしぶりなんかを調べます。

書簡集を見たりして恋愛のことや好きな食べもののこと、体調のことなんかを書いていたりするのを読むと彼らをより身近に感じます。

 

今回の曲はドボルザークが結婚もして、多額の奨学金ももらって、幸せいっぱいの時の曲。同時期には大ヒットも出しています。

だから今回はみんなも幸せな明るい気持ちで弾いて欲しい。

瞬間的な幸せ、というより安定した生活と愛情がある穏やかな幸せを喜んでる感じで演奏して欲しいと思っています。

 

そして明るさはハワイの常夏の明るさではなく、ヨーロッパの夏の終わり頃の明るさで。

(夏の終わり頃のヨーロッパなんて行ったことないんですけどね。本当に勝手なイメージを毎回押し付けてます)

 

どんなに調べても勉強してもドボルザークの本当の気持ちは分からないけれど、分かろうとあの手この手で近寄って行くのが楽しいのです。

では、また。