ワンピース

[更新日]

ワンピース

近藤です。

明日の運動会の暑さが怖い山の我が家です。

 

日曜日、英会話のクラスメイトが亡くなりました。

漫画のベティーさんにそっくりなのであだ名はベティーさん。

87歳という年齢を聞くとみんながびっくりするほど元気で明るい彼女。

クラスメイトの私達にとって本当につらい突然のお別れでした。

 

いつもおしゃれで爪の先まで気を使っていたベティーさん。

朝、クラスに来てお昼にランチへ出かける時にはそのお店に合わせて着替えをしてくるほどでした。

それは自分のためのおしゃれというよりも相手のことや行く場所のことを思ってのおしゃれ。話題のフックになるような仕掛けもたくさんありました。

 

ベティーさんがいない今週のクラスはしんみり。

私はあえてそんな雰囲気とは正反対の個性的な柄のワンピースに黒いジャケットを着て授業に出ました。それはベティーさんの真似をしてみようと思ったからなのでした。

きっと今日の空気はどんよりしているだろうな、と思ったので、みんなに少しでも明るい気持ちになって欲しくてベティーさんの好きな紫が入った悲しくなりそうもないワンピースを選んだのでした。

 

案の定そのワンピースのおかげでみんなの話が広がって泣き笑い。

悲しいことも笑いに変え、楽しい思い出話がたくさん飛び出す穏やかな時間を過ごしました。これこそベティーさんが望んでいたこと。きっとそうです。

 

おしゃれするってものすごく苦手意識があるのだけれど、自分も相手も楽しくなるように。そんな気持ちでならできるかもしれない。

着るものだけではなく、生活も、心も、言動も。

ベティーさんの真似をしてみてそう思いました。