私がオバサンになっても

[更新日]

私がオバサンになっても

近藤です。

小さな町なので、ちょっと出かけるといろんな人によく会います。

 

先日、引退された議員さんにばったり会いました。

20年ほど前に私がにいはま女性ネットワークの代表になった頃からずっと応援してくださっていた方で、とてもお世話になりました。

 

「自分の後任者はとても若いからいろいろ教えてやってください」

と言われた際、

「私なんて、まだまだ。教えて差し上げられるようなことがなにもないですよ」

とお返事しました。

 

すると

「何言ってるの、もう男女共同参画に関わって20年でしょ。もう新人じゃないよ。立派なベテラン。新しい人を育てる側だよ」

と言われたのです。

 

そうなんですよね。

もう50近くになっているんです。偉そうにするわけではないけれど、社会人としてはベテランと言われる頃です。

 

お付き合いしている方々がまだまだ現役でお元気なので自分も若手の気持ちでいました。

ひよっこのような気がして先輩に追いつかなくっちゃ、と前ばかり向いていたら実はなんだか一応、ニワトリになってました。

 

これからは本気出して卵を探し、そしてたくさんひよこたちを育てていかなくっちゃな、と感じました。

卵を育てるオバサン。これから目指したいなあなんて思っています。

 

では、また。