「ただいま」が言える場所

[更新日]

「ただいま」が言える場所

小瀧です。

今日は横浜に来ています。

 

いま暮らしている香川県高松市から東京・羽田空港へは1時間ちょっとのフライト。

空港からは横浜みなとみらい行きのリムジンバスで30分ほどでした。

1年前にUターンするときには「しばらく東京には来られないかな……」と思っていたのに、仕事や用事でたびたび足を運ぶことになろうとは。

 

離れていてもSNSで近況を知れることもあり、首都圏で会う知人・友人とはあまり久しぶり感がありません。

再会したときの挨拶は「おかえり」「ただいま」。

わたしにとって“暮らす場所”から“訪ねる場所”に変化したと思っていた東京は、もはや“帰る場所”になっていたのです。

 

通い詰めた旅先や滞在した街にも通ずることだけれど、いま暮らしている街のほかにも「ただいま」が言える場所がある、それだけで、なんだかとても心強いなあと思うのでした。

 

それでは、また。よい週末を。