ココロ踊るカフェのある生活

[更新日]

ココロ踊るカフェのある生活

集めたご当地タンブラーは数十本、ふつうにスタバが好きな小瀧です。

 

今月、高松に7店舗目となるスターバックスがオープンしました。

スタバなんてどこにでもあるじゃないと思われるかもしれませんが、JR高松駅店はほかとは一線を画する店舗なんです!

さっそく注目ポイントを見ていきましょう。

 

まず、朝7時開店!

早くて8時の店舗が多いなか、市内のスタバで唯一の7時開店です。

朝の静かな店内でコーヒーを飲みながら本を読みたいとか、仕事前にぼーっとしたいとか、ようやく叶います。

 

そして、JR高松駅の2階という好立地!

これまでも駅周辺に喫茶やカフェはありましたが、微妙な分煙だったり駅から少し離れた場所だったりベストなお店はありませんでした。

その点、駅の真上とくれば待ち合わせや時間調整にもぴったりですね。

 

なんといっても特筆すべきは、駅構内が見下ろせること。

JR高松駅は始発駅であり終着駅でもあるため、改札を入ると目の前に並ぶ複数のプラットホームへ上下移動なしに行ける頭端式ホームが採用されています。

高松駅へたどり着いた人々を下ろし、ひとやすみしてまた旅立っていく電車たち。

スタバの窓際カウンター席からはその4面9線のホームを見下ろせるのです。

 

22時閉店なので、日本唯一の定期寝台特急サンライズ瀬戸の旅立ち(21:26発)も見送れます。

いや、一番遠いホームだからちょっと厳しいかもしれないけれど。

 

この日、窓際に座っていると先日乗車した『四国まんなか千年ものがたり』が運行を終えた後のひとやすみに立ち寄ってきました。

時刻表にはない電車の登場に驚きつつ、この席に1日座っていたらどんな光景に出会えるのかワクワクしてしまいました。

 

ちなみに店内は瀬戸の都の玄関口らしく海をイメージしたイラストが掲げられています。

一杯のコーヒーと、窓際からの眺めをお目当てに訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また。よい週末を。