香川のおいしいものシリーズ 1

[更新日]

日本中のおいしい魚介は築地に集まると思っていた小瀧です。

足が超早かったり身が柔らかかったりして輸送に不向きなもの、漁獲量が少なくて漁師町界隈だけで消費されているものなどは現地に行かなきゃ味わえない、ということを体感したのはここ数年のこと。

 

さて、香川で今まさに旬を迎えているのはオリーブハマチ!

昨年、高松に暮らし始めてからそのおいしさにハマり、県外ゲストさんには必ずおすすめしている秋冬に旬を迎えるお魚です。

おかげで

「そろそろオリハマの季節ですね。また食べたい」と思い出していただいたり

「めっちゃ推してた魚なんだっけ? 今度行く時に食べられる?」とリクエストしてくれる方もちらほら。

煮魚や軽くしゃぶしゃぶするのもいいけれど、やっぱり、まずはお刺身。

身が引き締まっていて脂がのっていて、けれどさっぱりとしたヘルシーな味わいがオリーブハマチの特徴。なんていうか上品なよそいきハマチ。つい白いご飯やお酒がすすんでしまいます。

歯ごたえもよいので、ちょっと厚めに切ったものが好みです。

 

なぜオリーブ? と思われるネーミングの由来は、出荷前の一定期間にオリーブの葉の粉末を加えた餌で育てられているから。そのオリーブパワーで酸化や変色がしにくい肉質に仕上がるのだそう。

 

ちなみにオリーブは香川の県木。県魚と県木をコラボした、まさに香川のブランドフィッシュなんです。

香川県内のスーパーや飲食店はもちろん、鮮度の落ちづらいオリーブハマチは全国へも出荷中。

東京では百貨店やピーコックに入っている東信水産でも扱われているよう。新橋にあるアンテナショップ『香川・愛媛せとうち旬彩館』のレストランでも食べられるかも?

 

見た目からすでにおいしい今回の写真《島の御塩で食べるオリーブハマチのカルパッチョ》は、高松でケータリングを手がける柳田ラムセス晃一郎さんからお借りしました。

これは白ワインがすすみそうですね。

 

和も洋もいけるなんてオリーブハマチのポテンシャル果てしない。

瀬戸内の海で育った旬の恵み、ぜひ味わってみてくださいね。

それではまた。よい週末を。