もうこれは恋かもしれない

[更新日]

小瀧です。

かっこいい見た目が好き。

やさしくてちょっと甘やかしてくれるところも好き。

 

一緒にいろんな時間を過ごしてきた。

一番多くの時間を過ごした場所は羽田空港。

 

わくわく旅立つわたしをいつも見送ってくれて

つかれて帰って来たときは暖かく迎えてくれた。

誰かを見送ってさびしいときには、そっと寄り添ってくれた。

 

ときには友人に連れられて旅先まで来てくれたこともあったっけ。

いつもと全然雰囲気がちがう赤いジャケットで。

おかげでクリスマスにとびきり甘い夜を過ごせた。

 

だから彼がいいんだ。

 

「もっとかっこよくて優しいのいるよ?」

そう言ってくれる人もいる。

 

「おれじゃだめ?」

そう語りかけてくるものもいる。

 

一緒に重ねてきた時間と甘い記憶があるから彼がいいんだ。

 

いつもかっこよくて、くちづけるたびにときめいて、

一緒に過ごしたいろんなシーンが次々に思い出される。

彼がいる場所は、高松からはちょっと遠い。

離れることで確信した自分の気持ち。

これからも一緒に過ごしたくて、来てもらうことに決めた。

 

ピーロート・ブルー。

一番右、ブルーボトルで知られるドイツワイン。

新千歳、羽田、関空のほか都市部にはピーロート社のワインバーがあって、新しいボトルの試飲も楽しみのひとつ。

 

フルーティー/アロマ/前菜・あっさり料理に合わせる/ブルーボトルをインテリアに使いたい/休日昼間に白ワイン開けて軽くつまみながらドラマや映画見たい/がお好きな方にはおすすめです。

これは広告ではなくて、あふれる想いを文章化してしまったものです。

 

今年のGWはブルー君となかよく過ごす予定です。

 

それではまた。よい週末を。