過去のひと頑張りに救われる

[更新日]

過去のひと頑張りに救われる

黒田です。

寒暖の差が大きいですね。

寝起きのノドの痛みを気にかける季節になりました。

 

今週はなんとなく気持ちが落ち着かない一週間でして。

4月~3月の事業年度だと、ちょうど半分が終わる折り返し地点でしたよね。

いろんな事の定点観測やふりかえりが一気に押し寄せるタイミングだったのです。

 

会計まわりの作業でも数字とにらめっこする時間がかなり多くなりました。

自分たちの活動を数字でふりかえることはとても大切なこと。

ただ日々経験や記憶がどんどん上書きされる中、あの日のこの数字や内訳を思い出して、と言われてもそうそう簡単にできることではありません。

 

となるとなるべく時間差なくその時々に記録を残していくしか方法がない。

基本おおざっぱな私にとってはとても苦しい作業のひとつです。

 

今週ある事業の半年間をふりかえる際、過去細かく丁寧に記録していたおかげで、比較的負担を少なく終えることができました。

もちろん会計ソフトが改良されたおかげも大きいですが、あのとき面倒くさがらず記録した自分をこれほどまでに感謝したことはありません。

 

どうしたら良いのかはみんな分かっている。

でもそれを継続するのが難しい。

当たり前のことを当たり前にやり続けることがどんなにたいへんで素晴らしいことか。

今の小さな頑張りもきっといつか自分に、もしくは誰かに還元されるのかもしれません。

 

あのときひと頑張りした自分、本当にありがとう。

今日からもまたよろしくね。

 

素敵な一週間になりますように。