楽になってはじめて掛かっていた負担に気づく

[更新日]

楽になってはじめて掛かっていた負担に気づく

黒田です。

ここ数か月、歯のメンテナンスに通っていました。

実は現在の地に引っ越してきてから約2年間サボってまして・・・

 

ある日突然、右上奥歯に激痛が走り、近所にオープンした歯医者に駆け込みました。

虫歯かと思ったのですがそうではなく。

ひと安心したものの、なぜ痛みが走ったのか。

どうやら寝ている間に歯を噛みしめすぎていたことが一因だったようです。

 

数回に分けて全体の歯石を取りキレイにしてから、噛みしめによるダメージを軽減するためにマウスピース用の歯形をとりました。

マウスピースはボクサー等の格闘家が使うもの、と考えていた私。

全然そんなことはないんですね。

 

先日から完成したマウスピースを装着して寝始めました。

はじめは違和感しかない。

唾液がすごく出てくるし、舌はどこにおけばいいの?みたいな。

これ絶対気になって眠れない、と思っていたのですが。。。熟睡してました。

 

そして翌朝。

なんとなくアゴのあたりが軽い気がする。

でも気のせいかもしれない。

 

その後、毎日装着して寝ていますが、やはり朝起きたときにアゴの関節が軽い。

いかに寝ている間、力を入れていたかを痛感することになりました。

睡眠は大事は休息時間だと思っていたのに力が抜けるどころか入っていたのか、と思うとすこしゾッとします。

 

そして慣れってすごいですね。

今では就寝前の歯磨き後は自然とマウスピースをつける習慣がつきました。

旅先にもぜったい持っていこう、と決意したくらいです。

 

無意識に自分が自分にかけてる負担。

それを気づかせてくれるのは専門家や第三者であることは間違いありません。

周りの力をうまく活用して、日々の生活を快適にしていきたい。

また3か月後、歯医者へ定期メンテナンスに行ってきます。

 

素敵な一週間になりますように。