意外と直前のほうが

[更新日]

黒田です。

現代ってほとんどの人が忙しいですよね。

仕事や家のこと問わず、やるべきことが結構山盛り。

私的にあまり「~べき」という考え方は好きじゃないのですが・・・

 

来週末、大阪に行く予定があります。

土曜日午後のイベントに参加するのですが、せっかくなので一泊することに。

ということは、土曜午前と夜、日曜午前に約束入れられる!と考えてしまう私。

 

さて、この3枠に会える人はいないかな。

でも声をかけるのが一週間前。しかも週末。

家族がいる友人たちは厳しいかもしれない。

と思いながらダメ元で会いたい人に声をかけてみました。

 

仮に誰とも約束できなくても、現地の美術館に行ったり映画を観たりおいしいお店を開拓したり、ひとりでしたいことはいろいろあります。

するとどうでしょう。

昨日一日でその3枠をすべて埋めることができました。

声をかけた友人たちがみんな快諾してくれたのです。

 

土曜午前ならいいよ、日曜希望です、その日の夜ちょうど出られる!という奇跡的な返信が次々に届きました。

相手に負担をかけないように、とかなり前から声をかけることも最近は多かったのですが、意外に直前でもタイミングさえ良ければ会えるものですね。

もし都合つかずダメだったとしても、直前だったしなーと諦めもつきやすい。

 

逆説的ですが、より忙しい人ほどスケジュールを柔軟に調整してくれる気がします。

パッと浮かぶ代表的な人は弊社の徳倉なんですよね。

 

とにかく今度の大阪遠征が何倍も楽しみになりました。

このブログも来週は大阪からお届けしますね。

 

素敵な一週間になりますように。