逆らわずともに歩む

[更新日]

黒田です。

台風一過の朝。

まぶしいほどの青空が広がっています。

 

昨夜は未明まで眠れず、今朝は遅めの起床になりました。

テレビをつけて今回の台風被害が広範囲にわたっていることを確認しました。

 

強い風を気にしていましたが、降り続いた雨による影響が大きいですね。

とにかくこれ以上、被害が拡大しないことを祈るばかりです。

 

多くの河川が今回氾濫していますがその内のひとつ、多摩川はわが家の非常に近くを流れています。

実はわが家、マンションの1階だったのですが、事前にハザードマップで安全を確認。

マンション自体が地上から1メートルほど基盤を高くして建てられているため比較的安心していたのですが、いつ何が起きても対応できるように外出できる格好で眠りました。

 

私は無事に朝を迎えられましたが、今朝のニュースで在住区から床上浸水による死者が出たと知り胸を痛めています。

娘の中学校は現在避難場所になっており、天気が回復している今日も部活動などはできません。

 

今回の台風は比較的早めの注意喚起がなされていたので、私たちは事前に準備をすることができました。

それでも自然災害は猛威を振るい被害をもたらします。

常に最悪の状況を想定しつつ今の自分にできることは何かを考え行動し、被害を最小限に抑えることしかできないのですよね。

 

この国に暮らすからには自然に逆らうよりも、うまく付き合っていくことが必要なのかもしれません。

そしてこのような大きな災害が起きてからそう考えるのではなく、常に心に刻んて暮らしていくことが今の私の課題です。

 

素敵な一週間になりますように。