少しずつ準備

[更新日]

大美です。

3連休、冷え込みましたね!

昨日の朝、「寒いなー」と思って目を覚ましたら、高松もうっすら雪化粧でした。

今週も寒暖差の激しい日々が続くようですので、みなさまお体お大事になさってくださいね。

 

さて、そんな冷え込む日の朝、息子さんは早朝から友達と連れだって地元の体育館に向かいました。

バドミントンの実業団リーグの試合があって、ただ今世界ランキング1位の桃田選手が高松で試合をすると。それを応援に行くのだと意気揚々と出かけて行きました。

 

「あれ?あなた、明日テストじゃなかったっけ??」

「わかっとるよ。テスト勉強はちょっとずつするし、桃田見たいし」

 

まぁね、言っても仕方ないんです。

彼の頭の中は、今は部活のことでいっぱいです。

あと半年もしたら、部活は引退。

その後は高校受験が待っています。

 

引退するまでは部活を目一杯やりたい。

彼の気持ちは分かりますし、自分で決めたことならできる限り尊重してやりたい。

 

とは言え、母は分かっているんです。

引退後、いざ受験勉強を始めた時にてんやわんやになることを。

「あーーーーっ!」ってなるんですよ、絶対。

 

ということで、母はまことしやかに少しずつ準備を始めています。

今年に入って、彼と勉強の話をしたり、進路について一緒に調べたりする時間を作るようにしました。

他にも、彼に合いそうな勉強法をさりげなくおススメしてみたり。

あと、私自身の生活で言えば、夜の外出をなるべく控えるようにしています。

 

体育館から帰って来るなり、

「やっぱ世界一はすごいわー。スマッシュのシャトルが見えん!消えた!」

と上機嫌。

 

受験に向けて、ジワジワと外堀から攻められていることも知らず、本人は呑気なもんです。笑

 

何が一番良いのか、何が正解なのかは全く分かりませんが、たった二人きりの親子ですから、しっかりお付き合いしてやるつもりです。

 

まずは手始めに、「テスト、できんかった…」と肩を落として帰ってくるであろう彼に、全力で笑いながら「そうでしょうなぁ!」と声をかけてやろうと思います。