小さな成功の積み重ね

[更新日]

大美です。

先週に引き続き、息子の勉強ネタで引っ張ります。

 

先週のテストが返ってきたようで、本人に「どうやった?」と聞いたところ「うん…もう少し頑張らないかんと思った」と。

母は、「待ってました!」と言わんばかりに、声高らかに「でしょうなぁ!笑」と言い放ちました。

ほらね!予想通ーり!!

 

テストというのは返ってきた後が大事だと思うので、色々とヒアリングを。

すると、落ち込んでいるばかりかと思いきや、ちょっと自慢気に話す彼。

 

「国語のね、作文は満点だったんよ。っていうか、ここ最近のテストで、作文だけはほぼ満点なんや」と。

 

彼は約2年前からずっと通っている塾があります。

その塾は、学校の教科書の内容を教えてくれるのではなく、論理的思考や表現力を教えてくれる、ちょっと変わった塾です。

そこでの学びのお陰で、文章で表現する力が身に付きました。

 

一つでも、自信を持って臨めることがあるというのは、大きな強みになっていると感じます。

 

更に、中2くらいになると、数学の文章題でも難解なものがちらほら。

正しい解を導けるかどうかはさておき、「問題の意味が分からない」ということはほぼ無くなったのだとか。

 

昨日も自宅で一緒に数学の問題に取り組みました。

私も中学生の勉強くらいなら、まだお相手ができるみたい。

これはこれで、私の自信につながります。

そして、私の説明で問題が攻略できたときの彼の嬉しそうな顔。

私もまだまだイケるな、と。

 

こういう小さな成功体験の積み重ねが、後々にきっと大きな力になるのだと思います。

今週は学年末テストが控えています。

さて、今回はどんなコメントをしようかな。

 

ちなみに、途中で登場したちょっと変わった塾というのは、高松市にあるOSアカデミア

先生は、弊社の徳倉です。笑