「懐かしい」が止まらない!

[更新日]

大美です。

関東周辺では、台風の影響が大きいようですね。

どうかお気をつけください。

 

土曜日に高松市内の高校の文化祭に行ってきました。

息子が受験生なので、学校の雰囲気を見に行くのが半分。

もう半分は、高校生と一緒に進めている事業をいくつか持っているのでそのリサーチに。

 

とりあえず行けるだけ行ってみることにしました。

結果、1日で4校。

※写真は順不同

 

自分の母校にも行きました。

思い起こせば、母校の文化祭に足を運んだのは、卒業以来初めてのこと。

校舎に一歩足を踏み入れただけで、ずっと忘れていた当時のことをたくさん思い出しました。

 

懐かしい。

この一言に尽きます。

 

ふと思い出したのは、自分が子どもの頃の両親のこと。

たまにテレビで特集される「懐かしの~〇〇」シリーズを、ニコニコしながら「懐かしいなぁ」と言って見ていた姿を思い出します。

当時は「昔の音楽やテレビ番組なんて古臭い。今の音楽の方が断然かっこいいのに!」と思ってました。

 

それから約30年。

当時の両親の気持ちが、今痛いほどに良く分かります。

 

文化祭でも、当時の写真を展示している部屋があって、「これこれ!お母さんたちが作ったやつ!んで、この時にねぇ・・・・・・」と口が止まりません。聞かれてもないのに。

そして最後にはお決まりの「懐かしいなぁ」です。

 

そういう年になったんですね。。。

 

昔を思い出して、懐かしむ。

これ、大人だけの特権だな。

もちろん、思い出したくないような恥ずかしい出来事や嫌なこともあるのですが、それも含めて「あんなこともあったなぁ」と。

記憶は時間と共に少しずつ角が取れて、優しい思い出になっていくのでしょうか。

 

年を重ねる、時間が流れるとはこういうことかもしれないですね。

 

ちょっぴりノスタルジックな気持ちになった週末でした。