音楽へのアクセスが良い街

[更新日]

大美です。

2週連続の3連休。巷では多くのイベントが開催されていましたね。

 

今日のブログのタイトル、素敵でしょう?

あいにく、私が考えたタイトルではありません。

友人が私宛に書いてくれた手紙にあったフレーズです。

 

この3連休で人生初のオペラ鑑賞をしました。

チームファミーリエでは、近藤が音楽との距離が一番近そうですが、実は私も音楽が大好きです。

父がもともと音楽好きで、昔は自宅でよくジャズピアノを弾いたり、一緒にレコードを聴いたりしていました。

その影響もあってか、小学校では合唱部、中学校では吹奏楽部でフルートを演奏していました。

 

オペラに対しては、「愛だの恋だのを歌に乗せて、舞踏会で踊りまくる」というような、風評的なネガティブイメージが強く、ちょっと敬遠していたのです。

 

そんな私がオペラ鑑賞に踏み出したのは、友人が出演する舞台だったということ。

彼女が合唱団に入っていることは知っていました。

でも、公演を見に行く機会は今までなかったのです。

 

彼女はあまり自分のことを前面にお話するようなタイプではなく、どちらかというと一歩後ろで、みんなのサポートをしてくれるような女性です。

その彼女が、「高松や香川での芸術文化との接点は、瀬戸芸一択じゃないんです。アマチュアの底力を見に来てください!」と誘ってくれたことが決め手になりました。

 

さて、感想です。

行ってよかった!一度は観るべきですね!オペラ!!

オーケストラと演者が一体となって、音楽と一緒に色々な感情がドッと押し寄せてくる感じ。

 

私がオペラ初心者と知って、彼女が事前に予習用のWEBページを教えてくれたこともあり、ストーリーもしっかり入ってきました。

観終わった後は、衝撃でしばらくボーっとしました。

 

また、普段とはちょっぴり違う顔の彼女も見れて、とっても嬉しかったです。

 

その彼女が、私に書いてくれた手紙の中の一部がこちら。

「私が高松で暮らしたいと思える理由のひとつが、音楽へのアクセスがいい、というところなので・・・・・・」

 

シンプルに素敵な表現だな、と。

押しつけがましくなく、でもスッと芯の通った彼女らしい表現だなと思いました。

 

確かに高松は、音楽へのアクセスが良いかも。

また観たいなぁ、オペラ。