おじいちゃん先生

[更新日]

大美です。

昨日、地元の社会福祉協議会のお祭りがあって、そこで切り絵を体験してきました。

地域団体や企業って「あそこってどんなことしてるんだろ?」って思ってても、用事もないのにいきなり訪ねていくのは勇気がいりますが、こういうイベントがあると行きやすいですよね。

 

そこに展示してあった切り絵の美しさに、一時ボーっと目を奪われていたら、「良かったら体験教室ありますよ」と職員の方が声をかけてくださいました。

少し時間もあったので、ちょっとやってみることにしました。

 

通された部屋には大きな机が一つあって、5~6人ほどが一緒に切り絵をしていました。

「〇〇先生、もう一人いける?」

と職員の方が声をかけてくださったので、「どの方が先生かな?」と思っていたら、その部屋の中で恐らく一番ご年配であろう細身の男性が「かまんよ、こっちおいで」と私を呼んでくれました。

 

まさかの展開でした。

先生はもう少しお若い方かと思っていたから。

 

でもこの先生、めちゃくちゃ教えるのがお上手で。

切り絵初体験の私でも、1時間少しでこんな切り絵が完成しました。

 

色々とお喋りしてたら、

  • 先生の年齢は80歳
  • 昔は大工さんをしていた
  • 切り絵を始めたのはたった3年前で、動かなくなった右手のリハビリのためだった
  • 初めは何度も何度も同じ図案で練習した
  • まだ麻痺は残っていて文字は十分に書けないけど切り絵のカッターだけは持てる

そんなことを聞かせてくれました。

 

帰り際に、もう一度先生の作品を見て回ったのですが、切り絵の細やかさと難しさを体験したからでしょうか。

それとも、先生のご苦労やお話を聞いたからでしょうか。

初めに見た時よりも、更に美しく輝いて見えました。

 

先生が「お土産に」と、色の入っていない切り絵を下さいました。

 

私が作ったものとは雲泥の差。

曲線がめっちゃなめらか!

 

また来年も教えてもらいたいな…。