巡る命

[更新日]

大美です。

先週半ばのこと、とても辛いお知らせがありました。

とぉーってもお久しぶりの方からのお電話。

こういう時って、何となくちょっと嫌な予感がします。

 

友人が亡くなった、と。

 

亡くなった女性は、40代半ばで、ここ数年で一緒にお仕事をする機会もありました。

居心地の良いカフェや素敵なオーナーさんがいるお店なんかをたくさん知ってる人でした。

ご本人もとても素敵な人で、いつ会ってもニコニコと「おーみちゃん、忙しいん?私らフリーランスは体が資本やし、体調にはほんまに気をつけないかんね」なんて、とりとめのないお話をたくさんしました。

 

1週間ほど前、ふとその女性のことが気になって、「そう言えば最近会ってないし、あんまり姿見ないな。またお茶でも誘おうかな」とLINEの画面を開いたのを覚えてます。

 

でも、その時には既に旅立たれた後だったそうです。

 

辛い気持ちを抱えたまま、「いや、私も知らせないといけない人がいる」と思い、何人かに連絡をしました。

そのうちの一人が、「お別れの会に行きたいけど、実は第2子を出産したばかりで行けるか分からない」とお返事をくれました。

 

辛かった気持ちが、ほんの少しだけ救われたような気持ちになりました。

新しく生まれる命もあれば、役目を終えて消えていく命もある。

それがいつどのタイミングで訪れるかは分からないけど、それは誰にも止めることのできないことなのだ、と。

 

亡くなったその女性は、間違いなくご自身の役目を全うされました。

亡くなる前に素敵な本を2冊出版されました。

その本には、その女性の人柄がキラキラと散りばめられています。

 

でも、もっともっと色んなお話がしたかった。

もっともっとおいしいご飯を一緒に食べたかった。

今は後悔しかありません。

 

ありきたりですが、思うことはやっぱり同じ。

明日はかなり高い確率でやってくるかもしれないけど、それは絶対じゃない。

 

年を重ねるにつれ、お別れの回数も少しずつ増えてきている気がします。

そういうものなのだと思います。

だからこそ、明日を過信し過ぎないように。