2020

[更新日]

大美です。

本日1月6日。

今さら感は否めませんが、新年1本目ということで。

 

みなさま新年あけましておめでとうございます。

本年もチームファミーリエをどうぞよろしくお願いいたします。

 

年末年始、どのようにお過ごしでしたか?

私は「SNS安息日」を1週間ほど実施しておりました。

なぜか。

 

実はこのブログも1カ月ぶりくらいの更新なのですが、年末から文章書けない症候群になっておりまして。

たまになるんです、私。

そういう時は、だいたい目の前の事に追われ過ぎて、自分やそれ以外の本質を見失いかけている時。
(かろうじて見失ってはいないので、なんとか日常は大丈夫)

 

そういう時は思い切って、外からの情報を極力減らすようにします。

とはいえ、SNSは仕事上のやり取りや情報収集もできるので、平常運転時はなかなか手放せません。

 

「年末年始で、みんなもお休みしてる時なら…」と。

 

元々、良くも悪くもめちゃくちゃ影響されやすい私。

外からの情報を極力減らすことでしか、自分に集中できないのかも。

 

安息日の期間、何をしていたかと言うと、本を読んでました。

自分で読みたいと思った本。

友人から勧められた本。

いろいろ。

 

中でも2回読んだ本があります。

14歳からの哲学 考えるための教科書(池田晶子 著)」という本。

この本は、考えがまとまらず、モヤモヤ絶頂だった時に、信頼できる方が私に薦めてくださった本。

「私」「他人」「社会」「生活」など、身近な言葉をテーマに、「悩む」のではなく「考える」ためのお手伝いをしてくれるような本です。

この本を読んだ後、著者の池田晶子さんにとてもお会いしたくなりました。

 

残念ながら、10年以上前に亡くなられていました。

 

もうどれだけ望んでも、著者に会うことはできませんが、著書を通して池田さんに出会えました。

あぁ、読書ってこういうことなんだな。と。

 

ということで、今年はたくさん本を読もうと思います。

自分の言葉もまた少しづつ書いていこうと思います。

 

また1年、どうぞお付き合いくださいませ。