思考と読書

[更新日]

大美です。

今年は、「本を読む」という目標を掲げましたが、今週も変わらず読み続けています。

本を読むようになって気づいたことがあります。

それは、考える時間が増えたこと。

 

別に、読んだ本について深く思考をしているわけではないのですし、「考える時間」というスケジュールが新たに増えたわけでもありません。

が、活字を追うようになって、家事をしながらとかでも「あ、今私、考えてるな」っていう時間が格段に増えました。

 

たかだか本を読み始めただけで、この変化。

今までどんだけボーッと生きてたんだ?と怒られそうですが事実なので仕方ありません。

 

先週、自身が代表をしているNPO法人の年初ミーティングをしました。

私が年末年始に考えていたことや、これからのことをみんなの前でプレゼンしたのですが、ザックリ言うと「おーみよ、気持ちは良く分かった。が、もう一回よく考えてみよ」と宿題をもらったのであります。

 

正直、運営上のことで私自身反省点も多々あり、相当緊張して当日を迎えました。

その上で、私の意見を聞いて、受け止めて、「もう一回整理して考えておいで」と言ってくれる仲間。

 

泣けました。まじで。ありがたくて。

 

それから1週間、ひたすら自問自答→整理→自問自答→整理・・・・・・の無限ループです。

私の答えを、黙ってじっと待ってくれている仲間がいる。

これに応えられなければ、私ダメだな。と思うのです。

 

思考の合間に、煮詰まったら本を読むようになりました。

初めは気分転換くらいの気持ちだったんです。

でも、気づいたら気分転換どころか、考える時間が増えている。

 

読書ってすごいな。

 

お陰で、1週間前にはとっ散らかっていた私の脳内も、少しは整理されてきました。

あともう一歩。

 

今夜も昨日の続きを読もうと思います。