「選択」

[更新日]

谷川です。

昨日は、今年一年の振り返りをおこないました。

一年間を俯瞰すると、沢山の「選択」があったことに気づきました。

 

今年は夏以降、体調を崩したこともあり、家庭でも仕事でも、「何を選ぶのか」を迫られることが多くありました。

その際、大切にしていたのは「それが自分にとって意味があることかどうか」。

以前の私は、社会的な価値で判断したり、物事をつい「いいか、わるいか」で判断することもありました。

でもこれは、あるときには「いいこと」でも、別のときには「わるいこと」になることに気づきます。

また、社会的な価値に重点を置いた判断は、自分にとって大切なことを後回しにすることだとも。

 

私にとって、

「何が好ましくて、何が好ましくないのか」を整理したり、
「自分にとって絶対はずせない基準はなんだろう」と考え続けたことで、

自分には何が大切なのかが見え、幸せな選択につながっていると感じます。

 

人生は選択の連続。

なにかに直面したとき、誰かの判断で決めるのではなく、自分の物差しを大切にしたいと思います。

 

もしそれが、どんなに地味で目立たない選択でも、

私がこれをやるために生まれてきたと感じられる選択を、

来年も続けていきたいなと思います。